貿易の物流に関与する、通関のこと

物流物語

流通

buturyu

物的流通と呼ばれることもある、流通。
これは日本工業規格においては、物資を供給者から需要者へ、時間的に、空間的に移動する過程の活動であると定義されている。
そして、それに関わる包装や輸送、流通加工であったり、それに関わる情報などの機能を管理する活動である、とも定義されている。
また、調達物流や生産物流など、対象となる領域が特定されることもある。

似たような意味合いとして利用される単語に、ロジスティクスと呼ばれる単語がある。
これは日本工業規格においては、物資流通を行うに当たっての目標が最終的な需要を満たすことなどの対応にあると定義されている。
さらに、そのために必要な輸送や保管、そしてそのための情報や機能を高度統合化する活動を指す。
同時に、関連する調達や生産、販売、回収などの周辺分野とも一体化していく活動までも範囲に含めている。

特徴としては、元々は軍隊で利用されていた単語である、という点があげられる。
軍隊においては武器や食料の補給を補充する流れが重要であり、高いクオリティの流れが確立されていた。
その流れを物流に当てはめることによって、物流そのものや周辺の流れを一つの統合的なシステムにするのである。
このように、基本ロジスティクス用語辞典では定義づけられている。

時代

戦後の大量生産、大量消費を行う時代は、湾岸戦争を境目に終焉したといわれている。
それはバブル崩壊による生活の変化と、消費者の嗜好の多様化と変化が作用していると考えられる。
この頃を境に、物流という考え方はロジスティクスという考え方に変化していっているのである。

作れば売れる、だからどんどん作ればいい、という考え方が主軸となっていた頃に関しては物流の考え方でそのまま通用していた。
いわゆるプロダクトアウト、生産者主導の考え方であったといわれている。
しかしながら消費者の行動傾向の変化により、作ったら作っただけ売れるという時代は終わったのである。
結果として、必要な物を、必要なだけ、必要な場所に、必要なタイミングで、正確に供給するシステムの構築が求められていくこととなった。
消費者は必要なときにしか、欲しい物しか購入しない時代になったからこそ、消費者主導のマーケットインと呼ばれる考え方が求められるようになってきたのである。
よって、単に物を仕入れて作って供給して売るというだけの物流の流れは求められなくなった。
それを統合的にマネジメントするロジスティクス的な考え方が重要となるのである。

輸入

kanri

国内での流通も、海外での流通も、基本的な機能に違いはないといえる。
しかしながら、輸入を行うにあたっては海外との貿易を行う必要がある。
つまりは、貿易を行うにあたっての通関を通過するという業務が必要となってくる。

商品が海外から送られてきたり、海外に送付したりする業務が発生することで、さまざまな業務が国内流通に追加されるといえる。
例えば、海外での集荷や保管を行う必要がある。
さらに、通関を通して法律に抵触していないかの確認を行う必要がある。
これは輸出入どちらにも関わらず、貿易を行うのであれば通関を行う必要性があることに必ずつながっていく。
通関を通過しなければ、商品を国内に入れることも、国外へ出すことも不可能であるためである。

なお、貿易を行うにあたって国際取引を行うがゆえに、様々な業務をクリアする必要が出てくるのが特徴であるともいえる。

必須項目

貿易を行うにあたって必要な業務として、まず通関手続きをクリアする必要がある。
貨物の内容によっては動植物検疫や検査が必要になってくる。
故に、輸出国の検疫証明書が求められることもある。
これらの対応に関しては専門的知識が必要となってくるため、専門業者も存在している。

また、商品によっては関税や消費税が必要となる。
関税は商品や輸入相手国によって違ってくるため、事前にその調査を行っておくことは必須である。

貨物を運送する際の約款や保険に関する契約内容の把握は重要であり、さらにそれらの国際取引に利用される書類の主言語は英語である。
よって、契約内容の理解と同時に書類作成能力の獲得は必須であるといえる。

これらの点から、貿易を行うにあたっては通関などの専門的知識を持つ流通業者を利用することが多いとされている。


関連リンク

物流加工をお求めの方はこちらの業社がオススメですよ!:クイック

News/ニュース

2013/10/15
定義を更新しました
2013/10/15
必要性を更新しました
2014/02/25
輸入を更新しました
2014/04/24
海外輸入を更新しました